×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

5


「さっむっ……!」
 肩に羽織ったストールを手繰り寄せて、胸の前で掻き合わせる。それでも、沁み入るような寒さからはあまり逃れられたような気がしない。
 全くここまできたら、ただの嫌味でしかない。
 嘲笑うかのように無駄に白く薄く広がっては消えていく息は、見える分だけ余計な寒さを感じてしまう。むっと睨みつければ、呆気なく消えてしまう。それが、また、嫌味たらしくて仕方がない。
「……馬鹿にしてるのかしら」
 ぼやく先から、また一つくゆって乳白色の息は大気中に溶けてゆく。まるで、その通りだとでも言うように、すぐに消えて行った。
「カザリアさん、カザリアさん。ただ吐かれた息がカザリアさんを馬鹿に出来るわけないじゃないですか。そんなことしても寒さは変わりませんよ」
「わっ、分かってるわよ!」
 ロウリィはこんな日でもぽやぽやと笑いながら歩を進める。全く寒そうに見えない。むしろふかふかと暖かそうだ。
「どうしてそんなにあったかそうなのよ。服だって少ししか着てないのに」
「いえ、充分寒いですよ。服に関してはカザリアさんが着過ぎなだけです。まるまるしていますよ?」
「自分だってまるまるしてるじゃない!」
 見た目はどこも変わらないわよ。むしろ、コロっとこけちゃいそうな分、ロウリィの方がまるまるの雪だるまに近いと思うのだ。絶対に。
 それにしても寒い、寒い、寒い。ちょっとでも暖かくなるようにと早歩きをしてみたのに、ロウリィがのんびりと歩いているせいで効果がなかった。なぜなら先に進んだ分ぽてぽてと歩いて来る彼を待っておかなければならなかったのだ。「急ぎなさいよ!」と怒ってみても、ロウリィの速さはあまり変わらなかったので、大人しくのんびりとロウリィに合わせるしかない。
「そんなに寒いのが苦手なのなら、家に居ても良かったんですよ」
「こんなに寒いのに、どうしてロウリィは外に出なくちゃいけないのよ」
「会話が成り立っていませんよ? カザリアさん」
 ロウリィはぽややんと笑った。だから、私は口を噤む。
 成り立たせてないんだから、そんなの当たり前じゃないか。
「別にこのくらいの外出なら平気だと思うんですけどねぇ」
 その口が言うか。殺気も読めないくせに。私がいなかったら大怪我してたわよ、きっと。
 いえ、別に恩を感じて欲しいとかそういう訳ではなくて。
「……だって、部屋に居ても寒いじゃないの。窓割れてるし」
 どちらにしても寒いならついて行ってもいいじゃない。そっちの方が安心じゃない。
「他の部屋に居ればきっと暖かいですよ?」
「…………」
 ロウリィはぽやあんと言って、私は切り返されたことにちょっと腹が立った。キッと睨みつければ、ぽやぽやとした笑みが返る。
 ああロウリィの瞳の色は、冬の晴れた日の空に似てるなぁとほんの少し思ってしまった。最も彼の瞳の色なんて細すぎてほとんど見えなかったのだけれど。
 ――って、そういうことを考えてる場合じゃなくて!
「私が未亡人になったらどうしてくれるのよ! さすがにこの歳でそれは嫌なのよっ!」
「いやぁ、きっと大丈夫ですよぉ。今まで何とか生きてこれてますし」
「それは、私とスタンとバノとその他もろもろの人の努力の賜でしょうが!」
 むしろ領主にちょっとでも関わりのある人全ての努力の賜だ。
 ガクガクと揺さぶられている当の領主様は「いつも助かってます~」と危機感なくぽややんと笑った。なんだか馬鹿らしくなってきたので、溜息をついてから手を離す。
「それで、どうして外に出るのよ。今朝あんなことがあったばかりじゃない」
「まぁ、いつものことですし?」
「いつもこんなことが起こるのが、すっごく嫌です!」
 しかも、なんだか慣れてきてしまった自分がすごく嫌だ。
 はあ、と長い長い溜息をついて俯いたら、視線の先に、ぷにっと太い彼の人差し指が目に入った。
「ほら、カザリアさん。今日は特別寒くなりましたから霜が降りているでしょう?」
 前後関係が読めず、呆れて顔をあげたら、ぽやぽやとした顔があった。まるで、綺麗ですよね、と言っているかのようだ。
「ああ、うん、霜ね。確かに綺麗。雪みたいだわ」
 道端に生えている緑の葉には白い霜が乗って、陽光に当たるとほのかに輝く。昼前には跡形もなく消えてしまうのでしょうけど、幻想的に見えなくもない。ほんの少し雪が降った後の光景のよう。
 だけど、はっきり言って、今の私にはそれすら嫌味以外の何でもなかった。とにかく寒いのよ。寒い要素の見え隠れするものは全て嫌味だ。
「――で、それがどうしたのよ?」
 本当にこの人は説明が下手すぎると思う。意味が全然分からない。脈絡がなさすぎる。
「えーっと、だから、この霜が出かけなければならなくなった理由です」
 彼は珍しくきっぱりと言った。だから、それじゃ分からないって言ってるでしょうが。


 辿り着いた場所には、にこにことした顔ぶれが揃っていた。
 一目で農民と分かる彼らは嬉しそうにロウリィを案内し始める。にこにことした人たちに、ぽやぽやとしたロウリィが連れて行かれるのを、呆気にとられて見ていたら、「奥様も」と言われて手を引っ張られた。さっきから訳が分からないのだけれど、とりあえず促されるままについて行く。
「見事に霜が降りてないですねぇ。すごい」
「ねぇ、びっくりしましたよぉ!」
 農園の地面にびっしりと敷き詰められているのは、藁。それをどかしては皆が「おおう!」と歓声を上げる。
「え、何、どういうこと?」
 私の腕を掴んで、ここまで引っ張ってきた女性に問う。彼女は「いえね」と口を開いた。
「毎年、霜に困っていたんですよ。霜が降りるとね、野菜の葉や根が駄目になってしまって、枯れてしまうんですよ。今年もどうしようかねぇとみんなで知恵を絞っていたところに、領主様がやって来て、藁をひいてみたらどうだろうって。なんでも、もっと寒い地域ではそうしているそうでね。やってみたら、今日上手くいってたからみんなで喜んでいたんですよ。奥様もありがとうねぇ~」
 私はぶんぶんと首を横に振った。だって私は何も知らなかったし、だから何もしていないし。お礼を言われる筋合いもないのだ。
 見渡す限り敷き詰められている藁。その間からひょっこりと小さく芽が出ている緑の葉には道端にあったような霜が一欠片もついてはいない。木だって同じ。根元はしっかりと藁で覆われていて、とても寒そうには見えなかった。
 何でも霜は土の湿度が高いとできにくいらしい。だから、敷き藁以外にも、昼間に水を撒くことを徹底してきたんだそうだ。彼らの努力の結果が、格段と冷え込んだ今日、現れた。
「あ、カザリアさん!」とロウリィがこちらにぽやぽやと今までになく嬉しそうに笑いながら手を振って来る。彼の周りにいる人達まで、にこにこと手を振ってきた。もう、これは手を振り返すしか道は残されていないだろう。

 あっという間にあれもこれもと持たされて、両手がいっぱいになった。だから、私、何もできてはいないのに。その後、同じ様に回った農園でも、次々と感謝の品が増えて行く。この領地は、半数以上が農園だから、領地全体を回らないにしても、本当にすごい数になってしまって。結局、最後の最後に回ったところの人が、後でまとめて屋敷に届けてくれることになった。
 本当にそのくらいすごかったのだ。軽く荷台一台分。それも、何とか上に積み上げて、落ちない程度の荷台一台分だ。
「すごいわね……」
 積み上がった荷台を見上げて思わず呟いてしまう。これ、全部感謝されて貰っているのだから本当にすごいと思う。
「はい、皆さん頑張っていましたからね。良かったです!」
「いえ、そうじゃなくて……」
 隣を見たら、ロウリィはほけっと首を傾げる。だから、どうしてそうなるのよ!
「『僕が敷き藁を教えてあげた御蔭ですー』とか言わないの!?」
「えっ、でも、実際に藁を敷いて見守って来てくれたのは皆さんですしね。僕は何もしていませんよ?」
「ロウリィも藁敷いたって言ってたわよ、みんな。感謝してたわよ!?」
「あー、それは、とてもありがたいことですねぇ」
「私なんか、『領主様がここまで生きていられるのも奥さまの御蔭ですね』って言われた時、そうなんですよって即答したわよ!?」
「いえ、それ、事実ですしね?」
「ついでに夫の愚痴まで聞いてもらって、奥様友達まで出来ちゃったんだからっ!」
「えええっ! それは良かったですね、って喜んでいいところですか? ……カザリアさん、話が見えません」
「ロウリィにそんなこと言われたら終わりよっ!」
 ああ、もうこんなこと言いたいわけじゃなかったのに! だって、ロウリィはいつもと変わらずぽややんと立っているから。つまりは何が言いたいかって言うと――
「もうちょっと威張りなさいよね!」
 だってそのくらいのことはしてるんだから。領地中に行き渡らせるのはなかなか大変だってことくらい知ってるわよ。それを半年ちょっとでやったならすごいじゃない。しかも、その少ない期間で、農園の人から問題聞いて、対策を実行できてるんだからもっとすごいじゃない。褒められた分だけいい気になったっていいと思うのよ。
「だって、ロウリィがやってきたことが実を結んだんでしょう?」
 そう言ってやったら、ロウリィはぽやぽやと笑った。
「けどね、カザリアさん。まだ収穫できてませんよ。冬はまだ始まったばかりですからね。これからもっと寒くなったら、駄目になるかもしれない。だから、嬉しいけど、威張るのはもうちょっと待っとくことにします」
 ね? とロウリィは笑う。それでいいですか? とでも言うように。そうなると、もう何も言えないじゃないの。あーーーーもう、腹が立つわ!
「嬉しいですよ、とっても」
「……霜が降りてなくて?」
「ええ、そうですね」
 ロウリィはぽやぽやんと笑う。蒼い目は本当に細くなって、線みたいになって、隠れてしまった。
 私は、はぁと溜息をつく。乳白色の息は、空に舞い上がって、薄れて消えていく。動きまわったせいか、屋敷を出た時よりかは寒くないのに、消え方はあの時とそっくりだ。
「カザリアさん、このままお散歩にでも行きましょうか?」
「嫌よ、寒いじゃない」
「そうですか、寒いですもんね」
 だから、何故すぐそこで納得して引き下がるんだ、この夫は。嫌がらせか。
「嘘よ、いいわよ、散歩くらい付き合ってあげますよ。……ちょっとくらいならお祝いしてもいいでしょう」
 だってこの地では初めて敷き藁をして、そして、初めて成功したんだから。これから先も上手くいくように願いたいと思うのも嘘ではないから。何もできなかった分、せめてお祝いくらいはしてあげたいと思うのも、許されるはず――――うん、多分許される。

「だから、お祝いのお散歩ね。今回は、よくやりました、ロウリィ」