×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紫陽花の世迷い事 登場人物
カザリア・フォル・アナシス・ケルシュタイード【20】
めでたくケルシュタイード家に嫁いできたロウリエの新妻。
得意技は、見事な命中率。何がとは言わない。

ロウリエ・アジ・ハルバシン・ケルシュタイード【24】
ぽやぽやしてる割に奥さん美人、な幸運を一心に背負ったエンピティロ領主。
カザリア夫。毒を見抜くだけでは飽き足らず、こっそり毒まで調合してたりする。

ルーベン【62】
癒し系、紳士の庭師。装備のじょうろは時と場合により武器となる。

バノ【21】
どちらかと言えば、しっかり者の方の警備。悪く言えばお堅い。

スタン【19】
元気が一番が取り柄の警備。きさくと失礼は紙一重。

お義母様
ちょうがつくほど元気な人見知り。ロウリエの母。貴婦人に年齢を問うてはなりません。

ルカウト【24】
こっそり自分が兄だと言い張っているロウリエの乳兄弟。侍従長だったり、秘書だったり。

ケフィ【18】
普通に女の子可愛い斜めから見ても至って普通の侍女。

ジル【35】
声がでかいせいで、部下に耳を塞がれた日には結構落ち込みます、な何気に繊細コック。

[ novel top ]