home  / mobile  / novels  / blog  / web clap 【Res】


林で茸を採るうちに道を失った少女ユンフォアは、迷いさまよううちに見知らぬ屋敷に辿りついた。
屋敷を取り囲むのは無数の花々。茂みに潜む彼女の前で、男は花に口付ける。
彼女が彼と出会ったのは偶然かはたまた必然だったのか――――
屋敷に迎え入れられたユンフォアは、彼と過ごす日々の中で、花に埋め尽くされた庭園の真実を垣間見る。


Ubrall sonst die Raserei. ―さてそのほかはみな 狂気の沙汰―



01  02  03  04  05  06  07
【and more】
手の甲なら 尊敬のキス Auf die Hande kust die Achtung,あらすじ) 妻を取り戻したがったある夫のかたち。
額の上なら 友情のキス Freundschaft auf die offne Stirn, 行く末を案じ続けるある女のかたち。 
頬の上なら 厚情のキス Auf die Wange Wohlgefallen, 無邪気で愛くるしいある少女たちのかたち。
唇の上なら 愛情のキス Sel'ge Liebe auf den Mund; 約束を果たしたかったある老婆のかたち。
閉じた瞼の上なら 憧憬のキス Aufs geschlosne Aug' die Sehnsucht, 01 028/17 幸福を願うある娘のかたち。
掌の上なら 懇願のキス In die hohle Hand Verlangen,
首と腕なら 欲望のキス Arm und Nacken die Begierde,
さてそのほかはみな 狂気の沙汰 Ubrall sonst die Raserei.

Der Kusへは、こちらから。

 home  / mobile  / novels  / blog  / web clap 【Res】