×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2


 夜のお茶会を終えると、夫はいそいそと寝台の布団の中へと潜りはじめた。
 横になって布団をかぶった途端、早くもうつらうつらしだしたのか、すでに瞼が落ちはじめている。
「本当に何もしなくてよろしいのですか?」
 私がそう問うと、彼はほややんと微笑んだ。どうやら、相当眠いらしいというのは彼が目を閉じたまま口を開いたからわかったことである。
「ああ、ちゃんとしましたから、安心してください。今日のところは寝台にも何も仕掛けられていません。毒に関しては一応詳しいので信頼してもらって結構ですよ」
 返って来たのはなんとも物騒な言葉。その言葉のどこが安心できるというのだろうか。
「だーかーらっ! それはどういうことなのですか! きちんと説明してください!!」
 眠りにつこうとしている夫の体をガクガクと揺すって起こす。揺すられた側の彼は「うぅ」と小さく呻き声を漏らした。
「――とりあえず、王宮よりもここが危険ということは、確か、です。続き、は、また明日…………」
「だあああああああ!! 待ちなさい! ちゃんと説明してから寝なさいよ!」
 先程よりも強く夫の体を揺さぶる。だが、今度こそ眠りに落ちた彼は起きてくれなどしなかった。間もなくスピスピと聞こえ始めた彼の寝息を呆然と聞きながら、私もまた、大人しく諦めて、布団の中へ入ることにしたのである。
 毒殺という不安と恐怖よりも、夫に対する阿呆らしさが勝った瞬間だった。



 ピチピチと鳥が陽気にさえずる。けれど、差し込むはずの朝日は厚い雲に覆われてその光をぼやけさせていた。
 だが、とりあえず朝が来たのである。訳のわからぬこの事態の事情を説明してもらえる朝が来たのである。
 覚醒した私はむくりと起きあがると、隣でまだ夢を見ているらしい夫をすぐさま起こすことにした。
「ロウリエ様、朝です。起きてください」
 しかし、彼はぴくりとも反応しなかった。なので、今度は肩を叩いてみる。軽く、トントンと。
「起きてください! もう、朝が来ましたよ!!」
 けれど、彼は少し眉を寄せただけだった。
 それを何回続けただろうか。次第に大きさを増していく彼の肩を叩く音。
 とにかく、何度も起こし続けたのにもかかわらず一向に起床する意思を見せない夫に我慢の限界が来るのも仕方のないことだと思うのだ。
「ロウリィ! いい加減に起きなさい!!」
 ガクガクと大きく揺さぶった後、最後にバシリと彼の背中を叩き、掛布を引っぺがす。
 それと同時に、寝台の上からころりと転げ落ちた我が夫はようやく目を覚ましたらしい。
「――おは、ようござい、ます……」
「おはようございます!」
 寝台の陰に隠れて頭しか見えない彼はほやんと顔を崩して今日も朝から微笑んだ。
「ああ、今日は雨ですか」
 外は視界を遮るほどの土砂降りの雨。
「カザリアさん、昨日話していた実家に戻るという件ですが、今日戻るのはどうやら無理のようです。土砂降りの日の道行は暗殺度が高まります。雨が血の匂いと気配を消してしまいます。せっかくぬかるみについた足跡も流れてしまいますしね」
 なので、今日は諦めてください、と彼は言う。
「だから、そんな物騒な説明はいらないんです! とにかく私が今置かれているこの状況について説明してください!」
「……と言われましても、昨日の夜話したことで全てなのですが…………」
 夫は頭をポリポリと掻きながら困ったように言った。
「そうですねぇ、繰り返しになりますが、ここは王宮よりも危険なのです。いつ狙われるかわかりませんし、いつ殺されてもおかしくありません。首謀者はわかっているのですが、もう公の事実なせいか、あっちも堂々としたもので、とにかく僕たちは注意するしかないんです」
「その首謀者っていうのは?」
「チュエイル一族ですね」
「そのチュエイル一族っていうのは?」
「あ、ほら、見えますか? カザリアさん。あそこのひときわ大きな建物。チュエイル一族はあそこに住んでいるんですよ」
 彼が指さす窓の外。雨に遮られた景色の向こうにかろうじて霞んで見える尖塔のついているらしい建物。だが、はっきりいって、影にしか見えない今日の状況。威厳も何も、恐ろしささえ垣間見えない。
 大体、暗殺首謀者がどこに住んでいるのかなどどうでもいいだろう。
「場所がわかっていてなぜ捕まえないのですか?」
「はっきりとした証拠を残しているわけではないんですよ。彼らの使う手段は鮮やかでたまに感心してしまいます」
 彼は朗らかに言い放ちながら、うんうんと頷く。褒めるところではないと思うのだが。でも、ここで突っ込んでいたら話がそれてしまうような気がしたので、あえて夫の発言を無視して問いを続けることにした。
「それで、どうしてチュエイル一族に狙われるようなことになっているのです?」
「う~ん、きっと僕が彼らに嫌われているのでしょうね」
「では、何故嫌われているのです?」
「それは、多分、僕がいきなりここにやって来たからでしょうね」
「…………」
 なんだか、全く説明になっていない。
 とりあえず、わかったのは夫がとても説明が下手らしいということ。
 しかし、それさえも、実際のところ彼が全てを把握しきれているのかというと、はなはだだ疑問であるということだけだった。