×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

終焉 00



「だから言っておいたのに」

 女は哀切を込めて、横たわる情景を見渡した。
 砂礫の合間に散らばるのは、藍石の破片。
 殺伐とした空間の中で、にわかに煌めきを帯びる破片は、まだ早い夜の到来を確かに予感させた。
 導きに応じて足を繰り出した女は、諦念を抱きながら道とは呼びがたい道を進む。
 鮮やかな藍色の玉石は、足取りに踏みしだかれるごとに、女の靴裏で華奢な音を立てて朽ち崩れた。