×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雲居の月


なだ
 持ちかけたのは、むしろしなの方だった。彼女は静かに微笑を湛えて、夫を手招く。
「どうした」
紅華くれはな様の体力が限界にございます。これ以上、憔悴してゆく妃のお姿を黙って見過ごすわけにはいきませぬ」
 紅華は、このところ水を口にするのも苦労していた。彼女が限界に近いのは、供の誰もが危惧していたことである。
 故に科が言外に含んだものを、悟るにはそれで充分だった。灘は気負いもせずに、肩を竦める。
「俺は構わないが、科がいなくなった時の紅華様のご心労は測りかねん」
「たとえ心に支障をきたそうと、少なくとも一夜はゆるりと身体を休めることはできましょう」
 もしもの時は同仁どうじん殿が力ずくでも眠らせてくださるはず、と科は灘を見上げて同意を求める。
「わたくしは、紅華様の影にございますれば」
 口の端を上げた科の顔は、誇りに満ちていた。「ただ」と彼女は灘の右腕に手を添える。
「あなたを巻き込むこと、申し訳なく思います」
「なんの。戦場でも病でも、独りでぽっくりあの世へ行くのは、心細いと常々思っていた。科がいるなら心強い」
「まぁ、なんと頼りがいのない」
 科はくすくすと打ち笑う。引き寄せた妻の頭を、灘は胸に抱き寄せた。
「震えるな」
 ふと微笑をとり零して、額を押し当てた科は目を閉じる。
「目の前で無残に切り刻まれる灘を見るのは、やはり、とても、恐ろしい」
「つい最近まで、“くたばれ”と思っていたくせによく言う」
「あら。ご存知でしたか」
「科」
「はい」
「同仁には、俺から言っておくから、紅華様には間際まで知らせるな」
 あとは、と灘はからりと言った。
「実己がうるさそうだなぁー」
「確かに」
「いいか、科。逃げられるところまでは逃げるぞ。じゃないと、怒られる」
 科は可笑しそうに顔をあげる。元よりそのつもりで、と彼女は首肯した。



 一行の姿が芥子粒ほども見えなくなって、灘は「さてと」と息を吐いた。
「見たか、科。実己の奴こーんな顔をしておった」
 灘は己が顔を挟んだ両手を下に押し下げる。皮膚ごと引き下がった顔は、何とも情けなく珍妙だ。
 科は鈴のようにころころと澄んだ音色で笑い転げる。
「またそのようなことを。弟のように可愛がっておいででしょうに」
「まっこと。阿呆ほど可愛いとはよく言ったものだな。あれほどむさくるしいのはないと言うに」
 遠くに立ち上がり始めた砂塵。こちらの存在に感づかれるまで、もうわずかだろう。
「では、行きますかね。我が妃殿」
 灘はひらりと馬にまたがり、手を差し出した。添え重ねられた己とは異なる者の手。彼はそれを握って、科を馬上へと引き上げる。
 彼らは、一度互いを見合うと、どちらともなくいたずらめいた笑みを浮かべた。
 そうして二人は、矢を射かけてくる追っ手と着かず離れず、元の行き先とは逆の方向へと駆けて行った。